<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

星のない夜、♪星空を1000マイルが1位になった

c0017684_23394333.jpg






























自分が歌っている♪星空を1000マイル というロックンロールが
著うたサイト「着バンド!」で1位になった。
ダウンロードしてくださった皆さん、ありがとう!

この曲が収録されたアルバム「442」がリリースされたのは、
ちょうど3年前の2004年1月21日。
3年もかけて1位になるとは、我ながら驚き。
同じアルバムに収録されている、かぜ の代表曲♪冬のダイヤモンド
アルバムのリリース前に1位を取ったのとは対照的だ。

そう言えば・・・、ある女性から聴いた面白い話を思い出した。
その女性が幼い息子さんにこの曲を聴かせたところ、
エンディングのところで自分が「サンキュー!」と3回つぶやくのが
彼の気を引いたらしく、こう尋ねられたそうだ。
「ママ、この人は何でサンキューを3回言うの?」と。
ママはこう答えたらしい。
「爽さんはね、前にいるお客さんに1回お礼を言って、右にいる
 お客さんに1回お礼を言って、左にいるお客さんに1回お礼を
 言うから、合計3回『サンキュー』って言うのよ」
確かに、吉里爽は志を大きく持ち、謙虚に努力し、感謝の気持ちを
忘れずにいることをモットーとしているけれど、ステージの上で
3回続けてお辞儀をしたことはないなぁ(笑)。

閑話休題。

この曲の出身地(?)であるリリース元のレーベル
「 Songs On the Web 」は、ネット上で歌詞と曲とを
組み合わせ、すぐれた楽曲をCD化するという独自の活動を
行っている。
しかも、楽曲の方向性は30代以上向けの純度の高いもの。

年内にリリースのニューアルバムの制作に向けて、来月あたりから、
作詞(女性のみ)、作曲、女性ヴォーカリストの募集を当ブログで
開始するので、興味がある方はコンタクトをしてみてください。
なお、以下のURLのポッドキャストでレーベルの活動を
楽しく(?)ご紹介しています。

吉里爽のインターネットで名曲をつくろう!


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲・編曲へ
[PR]
by sowyoshizato | 2007-01-25 23:59 | Songs On the Web

S.O.W. / スターが生まれにくい時代に、 S.O.W. が求める女性ヴォーカリスト像

c0017684_121017.jpg






















スターが生まれにくい時代だ。
ついでに言うなら、アイドルも。
スター候補生にメッキを施しても、ひな壇に乗せても、
不祥事の発覚やら何やらで、それが続かないことがままある。
自分が10代の頃はアイドルポップスの全盛時代。
当時はネットも写真週刊誌もなく、今とは違って、
芸能人のプライバシーもしっかり守られていた。
極端なことを言うなら、「アイドルはトイレに行かない・・・のかも?」
くらいに思う純情な青少年もかなりいたかもしれない(笑)。
時は流れて、「清純派」という言葉も死後になりつつあるが、
その肩書きがふさわしいオードリー・ヘップバーンの写真展を
某百貨店で観る機会があった。
想像していたのとは違って、写真の中の彼女は思っていたよりもずっと
自由闊達な様子で、ちょっとお茶目な笑顔を周囲にふんだんに
振りまいていた。
映画の撮影中は、きっとハリウッドのクルー全員が彼女に夢中に
なったことだろう。
うまい言葉が見つからないが、周囲がでっち上げたものではない、
あえて言うなら、何ものにも冒されない「しなやかなエレガンス」
のようなものが、生来の魅力として彼女には備わっていたに違いない。
私見だが、こういうものを持っていてこそ、真のスターになり得る
人材なのではないかと思う。

閑話休題。

音楽の世界でよく聞くセリフに「若くて、かわいくて、
歌のうまい女のコいない?」というのがある。
要は、その3拍子が揃っていることが、スター候補の第一関門
ということなのだろう。
うちはメジャーレーベルでもメジャー系の事務所ではないので、
ちょっと条件が違うかもしれない。
これから女性ヴォーカリストを募集するうちのレーベルが
求めるヴォーカリスト像をいくつか挙げてみよう。
まずは音楽性が合うこと。
もっと詳しく言うなら、ラテンやブラックミュージックに
強い人。
集客力があって、ライヴパフォーマンスのレヴェルが
高い人。
ターゲットにしているお客さまの年齢層が高いので、
ごく一般的な意味でマナーのいい人。
もちろん、抽象的だけど、「しなやかなエレガンス」を
持ち合わせていれば言うことなしかな?
ちなみに、「しなやかなエレガンス」の成分とは、
謙虚さ、育ちのよさ、インテリジェンス、気配り、
ユーモア、周囲への感謝と愛情・・・
これじゃ贅沢言い過ぎだけども(笑)、
あとは言葉にならないので、委細面談かな(笑)?


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲・編曲へ

吉里爽のインターネットで名曲をつくろう!

※ 写真上:これが真実の口!
[PR]
by sowyoshizato | 2007-01-20 02:04 | Songs On the Web

S.O.W. 作曲チーム「左のエース」登場!

S.O.W. の作曲チームの「左のエース」とは・・・
2枚のアルバムに3曲を提供しているshugo!
右のエースがラテン系のかぜならば、左のエースである
shugoはリリカルで美しくパワフルなメロディが持ち味。
S.O.W. の第1作である♪Conifer はどうやって生まれたのか?
♪Conifer の原曲も本邦初公開!

吉里爽のインターネットで名曲をつくろう! : ♪Conifer 誕生秘話

にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲・編曲へ
[PR]
by sowyoshizato | 2007-01-20 00:17 | Songs On the Web

さぁ、インターネットで名曲をつくろう!

c0017684_19464816.jpg






















年末年始企画(?)につき、まず、2006年の回顧から。
昨年のニュースはと言えば・・・
1位 株式会社爽を設立
2位 新レーベル Songs Of Wishes より、かぜが「祝祭」でデビュー
3位 ポッドキャスト「吉里爽のインターネットで名曲をつくろう!
   がスタート
4位 WBCの王JAPAN世界一

会社の設立については、当然の事ながら将来を見据えてのこと。
「クラフトマンシップが感じられる大人向けのラヴソングを
生涯賭けて世に残していこう」という自分のミッションを
しっかりと認識してのことで、もちろん、それは私利私欲のために
あらず。
主役になるのは、経営者でプロデューサーの私ではなく、かぜなり
shugoなり、これから S.O.W. の旗の元に集うであろうメンバーたち。
ということで、Songs On the Web と Songs Of Wishes という2つの
レーベルから、名曲と新しい才能をどんどん世に出していきたい。
でも、ロックンロールに目覚めた17歳の頃、今の自分の姿は
まったく想像がつかなかった。
某音楽事務所のオーナーが私の事を称して、「音楽を電卓叩きながら
聴いてしまう毎日に、忘れちゃ行けない大事なことあるでしょ。
それを語れる人なんです。」と言ってくださったことがあるが、
「信じる音楽を世に出し続けていくことは、まさに艱難辛苦の連続!」
と早くも悟ったところ。
2位のかぜのデビューについては、あらゆる意味で奇跡!と言えるだろう。
こういう キャリア で世に出たのは、後にも先にもかぜひとり・・・に違いない。
彼の音楽が日本中の人々から愛されるよう、プロデューサーとして、
鋭意努力していきます。
ポッドキャストのスタートについては、我が盟友、いやソウルブラザー!
jinke さんとの出会いが大きい。
彼と会う時は、素面でも酔えるのが楽しいね(笑)。

そして、2007年のテーマというか、吉里爽のなすべきことは・・・
1位:Songs On the Web のサードアルバムのリリースとヒット
2位:2回のライヴイベントの成功
3位:ただ今、思案中(笑)
4位:草野球で3割達成!

と書いてみると、当たり前過ぎて面白くないね。
Songs On the Web の活動については、ポッドキャストを聴いてもらうと
理解が早いと思う。
これから集める、作詞、作曲、ヴォーカルの新メンバーについては、
レーベルカラーに合う人を作品(とデモ)で選考します。
S.O.W. はウェブ上のコラボから歌を創るという独自の活動をしているが、
歌の完成には緊密なコミュニケーションが必要なこともあり、メンバーを
増員するといっても、現状ではいずれも若干名ということになるだろう。
「 Songs On the Web のレーベルカラーって、何???」と思う方は、
前のアルバム「442 / The Best of Songs On the Web Vol.2 」と
作曲チームのエース・かぜのデビューマキシ「祝 祭」を聴いてもらえば
ご理解いただけるはず。
現メンバーで「祝 祭」を聴いていない方は、売り切れる前に
聴いておいてください(笑)。
うちのレーベルの先々の方向性のヒントくらいは、そこに刻んである
からね。
募集告知は、近々、このブログにアップしますので、ご興味がある方は
コンタクトしてみてください。
ライヴについては、今までよりでかいハコでやると。
今までとは違う仕掛けもしてね。
詳細は後日発表(笑)。
4位については、「爽さん、嫁さんを探す方が大事なのでは?」という
突っ込みをしたい方もいるかと思いますが(笑)、ナーカメン!
吉里爽、今年もまた、音楽第一なれど、「No Baseball, No Life!」
です(笑)。

そんなこんなで、昨年お世話になった皆様、本当にありがとう
ございました。
これからお世話になる皆様にも、あらかじめお礼を言っておきます。
ありがとう!

さぁ、インターネットで名曲をつくろう!


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲・編曲へ

※ 写真上:爽やかに、そして風雲昇り龍のごとく!
[PR]
by sowyoshizato | 2007-01-03 19:45 | Songs On the Web