<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

20060426 / 吉里爽の作詞塾「爽塾」 Session ♯002

c0017684_2328653.jpg






















本日は、第2クール2回目のセッション。
最初のクールから継続されている生徒さんたちの作品は、
時を同じくしてぐっとレベルアップしてきた。

今回の課題の提出にあたって、対面で学んでいる生徒さんは
「あ、歌詞ってこういうものかも?」という手応えらしきものを
感じたらしい。
そして、電話&メールコースの生徒さんもまた、自分の殻を
破るかのようにステップアップした作品を書き上げた。

その生徒さん2人の生年月日がまったく同じだそうだから、
ちょっと不思議なお話。
同じ日に違う場所で生を受けた女性が爽塾で出会って、同じ日に
作詞を学び始めたなんて、素敵な奇遇としか言い様がない。
今様に言うならば、2人は前世で姉妹だったのか(笑)?
はたまた、恋敵だったのか、別のジャンルで争っていたのか?
それは知る由もないけれど、よきライバルである2人の生徒さんが
これからどんな成長曲線を描くのかは、音楽の神様のみぞ知るところ。

さて、最初の2回は慣らし運転よろしく、前のクールの課題曲に
作詞をしてもらったけれど、さて、次回からは気分一新!
ということで、また新しい課題曲に取り組むことになる。

「大手の学校よりも早く、そして最短距離で上達する!」という
大きな目標を自分に課しているだけに、こちらの指導も
生徒さんの個性に合わせて熱を帯びてきたところだ。
「作詞という学びにくく教えにくい芸事に、真剣に取り組んでいる」
ということにおいては、吉里爽と生徒さん達は同志なのだ。


にほんブログ村 音楽ブログへ

※写真上:セッションの後はお茶は格別の味!
    
[PR]
by sowyoshizato | 2006-04-27 03:03 | Sow - Juku

♪祝祭 レコーディング_♯04

c0017684_23361220.jpg






















本日は、カップリング曲の♪蒼月夜曲 の歌入れ。
曲調は、かぜが得意とするボサノヴァ。
歌詞は、「まだ見ぬ恋人へのラヴソング」というありそうでないテーマ。
既にライヴで歌っている曲でもあり、前回でコツをつかんだのか、
比較的スムーズに進行した。

まずは、歌の本編から。
例によって、10回以上、かぜが歌う、歌う、歌う。
自分がテイクを選ぶ時にこだわるのは、歌声の「艶感」と共に、
細かいフレージングにおける説得力。
自分が作詞をしていることは置いておいても、かぜのデビューのために
これから起ち上げる新しいレーベルは「歌が命」なだけに、歌う言葉に
どれほど血が通っているか?というところが、こだわりどころだ。

その後、口笛のソロ、イントロのスキャットの録音を終え、
本日のレコーディングは終了。
3曲のレコーディングは折り返し地点を過ぎただろうか。

次回は、タイトルチューンの♪祝祭 に再びトライする。


にほんブログ村 音楽ブログへ

c0017684_23383595.jpg






















※写真上:チューニング中のかぜ。さすがに元野球部だけあって、ごついぜ。
※ 写真下:今夜の渋谷・ハチ公前交差点。

♪祝祭 レコーディング_♯03
♪祝祭 レコーディング_♯02
♪祝祭 レコーディング_♯01
20051204 / かぜがうたった
湘南の・・・かぜ!
かぜと共に・・・「442」リリース! ♯02
かぜと共に・・・「442」リリース! ♯01
[PR]
by sowyoshizato | 2006-04-22 23:35 | Songs Of Wishes

♪祝祭 レコーディング_♯03

c0017684_23365918.jpg






















本日は、カップリング曲の♪渚にて の歌入れ。
アッパーでラテンテイストのタイトルチューンとは違い、
ぐっと渋いバラッドである。
前回のレコーディングで録り終えた本人のガットギターをバックに、
ブースの中で、かぜが歌う、歌う、歌う・・・こと10回以上。
サウンドプロデューサー兼エンジニアの Waq さんと
自分は、ブースの外でヘッドフォンから聴こえる歌声に
耳を澄ませ、歌の出来をチェックする。
そして、テイクを選ぶ、選ぶ、選ぶ。
どれを採用するかを選び終え、Waq さんとアレンジについて
相談する。
結果、「この曲はギターと歌だけで世界観が表現できているので、
他の楽器の音を付け足すのはやめましょう」
という Waq さんの意見に納得して、そうすることに。
元々は、過不足ない程度にストリングスなどの音を加える
アイディアもあったけれど、結果的にはライヴで初公開した時と
同じ「弾き語り」スタイルでCD化されることになる。
自分はアレンジのシンプルさのイメージを「水墨画」と
Waq さんに伝えていたのだが、この曲はCDを聴いてくださる
リスナーの方は脳裏にどんな「渚」を描くのだろう。

その後、同じくカップリング曲の♪蒼月夜曲のギターを録音。
曲調は、かぜが得意とするボサノヴァ。
この時点ではギター以外のパートのアレンジの完成度は
8割程度だったのだが、この曲のイントロは聴きものだ。
「まだ見ぬ恋人へのラヴソング」というテーマにふさわしく、
これから始まる恋へのはかなくも美しい期待を音にしたような
Waq さんの繊細な音色選びに、思わず膝を叩いてしまった。
ギターの録音もスムーズに進行し、本日のレコーディングは
予定より1時間早く終了。

次回は、♪蒼月夜曲の歌入れを行う。


にほんブログ村 音楽ブログへ

c0017684_22412571.jpg






















※写真上:レコーディングの合間に、スタジオにて。
※ 写真下:今夜の渋谷。いつも通りの車のラッシュと光の海。

♪祝祭 レコーディング_♯02
♪祝祭 レコーディング_♯01
20051204 / かぜがうたった
湘南の・・・かぜ!
かぜと共に・・・「442」リリース! ♯02
かぜと共に・・・「442」リリース! ♯01
[PR]
by sowyoshizato | 2006-04-15 23:59 | Songs Of Wishes

20060326 / ライヴ「Spring Collection 2006」フォト

c0017684_0502923.gif





3月26日に開催した Songs On the Web のライヴ「 Spring Collection 2006
の写真をアップします。
今回は、見目麗しき女性アーティストたちの特集。


c0017684_20276.jpg
c0017684_2024189.jpg















c0017684_2032035.jpg
c0017684_2034113.jpg















c0017684_2045492.jpg
c0017684_2051611.jpg















c0017684_2061097.jpg
c0017684_2063450.jpg














にほんブログ村 音楽ブログへ


2段目左:hiromi さんは、ピアニカも吹いてくれました
2段目右:やさしい表情で歌っているのは何の曲?
3段目左:♪黒いパール 見つけたの その瞳に・・・piano sings!
3段目右:加々美亜矢さんとサポートメンバーの皆さん
4段目 :亜矢さんのソウルフルな歌声は六本木によく似合う!

All photographs by Kenji Ideta from Osaka!
[PR]
by sowyoshizato | 2006-04-13 19:39 | Songs On the Web

20060412 / 吉里爽の作詞塾「爽塾」 Session ♯001

c0017684_14573822.jpg






















いよいよ、新学期。
今日から、爽塾は第2クールのスタート。
今期も爽塾は女子校なので、穏やかで楽しいセッションを
心がけたい。

第1期生の生徒さんのうち1人は、夜間に移行したセッションの
時間帯が都合に合わず、「メール&電話」のコースで継続することに。
かかる事情で初めて実現した電話でのセッション(講議)。
まだ試行錯誤の部分もあって、制限時間を大幅にオーバー。
セッションを電話で行うというのは、なかなか難しい。

続いて、第1期から継続されているもう1人の生徒さんも
最初のセッションを欠席されたため、電話で補講を行う。

最初のクールから継続されている生徒さんたちに関しては、
作風らしきものも見えてきたので、各々の得意な方向に実力を
伸ばしていきたい。

彼女たちが順調に成長して、近い将来、私が主宰しているレーベル
Songs On the Web のメンバーとして戦力になれるかどうかは、
ご本人たちの努力はもちろんだが私の指導いかんだろう。
「少人数制できめ細かい指導」をうたっているだけに、
看板倒れにならぬよう自身も気を引き締めていきたい。



にほんブログ村 音楽ブログへ

※写真上:まだ粘り強く咲いている(笑)我が家の近所の桜
[PR]
by sowyoshizato | 2006-04-12 23:54 | Sow - Juku

♪祝祭 レコーディング_♯02

c0017684_22305261.jpg






















本日は渋谷のスタジオに移動して、レコーディング。
いよいよ、タイトルチューンの♪祝祭 の歌入れだ。
が、しかし。
試行錯誤の結果、この曲はキーを2つ下げることになった。
理由は、この曲を聴いたリスナーに笑って泣いて踊ってもらう!
ためには、歌い手に余裕があった方がいいだろうということ。

そんなこんなで、途中で予定変更。
カップリング曲の枯れた感じのバラッド ♪渚にて 
のアコースティックギターを録音して、タイムアップ。
次回はこの曲の歌入れから取りかかる予定。


にほんブログ村 音楽ブログへ

※写真上:満開の夜桜の下のかぜ

♪祝祭 レコーディング_♯01
20051204 / かぜがうたった
湘南の・・・かぜ!
かぜと共に・・・「442」リリース! ♯02
かぜと共に・・・「442」リリース! ♯01
[PR]
by sowyoshizato | 2006-04-02 04:28 | Songs Of Wishes