今年の怪物 ♯01

c0017684_11542587.jpg




SANSPO.COM / 地元で有終の美を…横浜・佐々木、清原限定で“登板”へ
スポニチ Sponichi Annex ニュース 野球 / 佐々木 清原斬りで花道
 球史に残る大投手の引退とは言え、
 こんなに気を遣う必要があるんだろうか?
 チームはまだ必死で戦っている最中だし、
 引退記念登板は、来春のオープン戦でもいい気がする。
 もっとも、その時に、清原がジャイアンツのユニフォームを
 着ているかは、分からないけれども。。。

スポニチ Sponichi Annex ニュース 野球 / ローズ今季限り 巨人カブ獲りに全力
 >> 人気、実力ともに低迷する中で、読売本社および球団は
 >> 「巨人というチームを一からつくり直す必要がある」と
 >> 抜本的な球団改革を断行する構え。
 らしいのだが、やろうとしていること今までと同じ。
 そもそも、こういうジャイアンツだからファン離れが進んだのでは?
 「札束で補強した他球団の主砲に頼らず、
  生え抜きとファームからの叩き上げの選手たちが活躍する」
 かつて地獄の伊東キャンプで若手を鍛え上げたミスターも、
 それが新生ジャイアンツのあるべき姿だと思っているに違いない。

スポニチ Sponichi Annex ニュース 野球 / スーパー1年生 中田V弾&146キロ
 「怪物」呼ばわりされる高校球児は、彼で何人目なのだろう?
 清原の打棒と松坂の豪球を兼ね備えたような「怪物」現わる!
 「アマ球界ナンバー1サウスポー」の辻内君が
 かすんでしまうほどの大活躍に、プロのスカウトも
 色めきたっているようだ。
 確かに、彼のプレーは、打っても投げても破格のスケール。
 どれくらい才能のある選手がどんな練習をしたら、
 こんな選手になるのか知りたいものだ。
 彼ならば、高卒でプロ入り→1年目から大活躍 という、
 松坂と同じ出世コースを驀進するのも夢ではない。

 それはさておき、辻内君のプロ並みの球をバックスクリーンに打ち込んだ
 春日部共栄の鶴岡君はすごかったな。
 あの1発の感触を忘れずに、上をめざしてがんばって欲しい。

 さて、今大会では、超高校級の選手3人を擁する大阪桐蔭高校が、
 下馬評通り、優勝旗をかっさらうのだろうか?
 へそ曲がりの自分としては、茨城の藤代高校のような
 「高校野球らしい」チームを応援したい。

 人生に「タラレバ」はないけれど、この世に音楽がなければ、
 高校野球をやってみたかったなぁ。
 高校で野球をやっていたら、作詞なんてしないで、
 まったく別の人生を歩んでいただろうか?
 いや、そんことはないな。
 うちのレーベルの4番でエースこと「かぜ」も、
 元高校球児だしね。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログへ
[PR]
by sowyoshizato | 2005-08-09 12:35 | Sow Spo!
<< 中央道甲府付近の夜景に酔いなが... 誰かの世界を変えた歌 >>